奈良若草の会〜奈良クレジット・サラ金・悪徳商法被害をなくす会/奈良県内侍原町

きちんと手続きすれば、もう返済に追われることはありません。

ステップ1

取引履歴開示 〜正確な債務額の把握〜

借金の解決には、次の通り@任意整理・特定調停A個人再生B自己破産といった方法がありますが、どの方法にも共通してまずすべきこと、それが各債権者に対し取引履歴の開示を求めることです。
日本の利息の制度には、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律があり、「利息制限法」では元本(元の借り入れ金)が10万円未満の場合、利息は年利20%、10万円以上100万円未満は年利18%、100万円以上の場合は年利15%となっています。
しかし、多くの消費者金融・信販会社は、「出資法」で規定された年利29.2%、若しくはそれに近い利率で貸し付けてきました。ご自身の契約内容も一度確認してみて下さい。
この「利息制限法」の上限利率から、「出資法」の上限利率の間の利息がいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものであり、払う必要のない違法な利息です。つまり、取引の期間が長ければ長いほど(違法な利息を取られていた期間)債務は圧縮され、場合によっては過払い(C過払金返還請求)になっているケースもでてくるのです。
このように、解決方法を検討するためにも、まず、各債権者から取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づき計算し直し、ご自身の正確な債務額を確認する必要があるわけです。

ステップ2

家計管理 〜返済能力の確認〜

一旦、支払いをストップし、家計簿をつけて下さい。
多くの方が、日々の支払いに追われ、正確な家計管理ができない状況にあります。毎月の収入で生活し余ったお金、それが返済可能額です。家計管理は、借金の解決のためにも、今後の生活再建のためにも欠かすことは出来ません。
そして、正確な債務額と毎月の返済可能額をきっちり確認し、適切な解決方法を選択します。

ステップ3

解決方法

CASE1 任意整理・特定調停

【ステップ1で確認した債務額150万円 ステップ2で確認した返済可能額毎月5万円】
@任意整理・特定調停ではステップ1で確認した債務額を3年程度で将来の利息を付けずに、分割で返済していきます。
よって、CASE1では単純に30回払いとなります。
*任意整理は裁判所に申し立てず、各債権者と和解を進めていきます。特定調停では裁判所に申立てて調停委員の仲介のもと各債権者と和解を進めていきます。

CASE2 個人再生

【ステップ1で確認した債務額500万円 ステップ2で確認した返済可能額毎月5万円】
A個人再生は裁判所に申立て、残った債務を5分の1にし、それを3年(5年)の分割で支払っていきます。
よって、CASE2では500万円の5分の1の100万円を3年の分割で支払えばよいこととなります。
*住宅ローンを抱えている場合、住宅を守る手続きもあります。その他、債務額、資産状況等によって支払う額が変わってきます。

CASE3 自己破産

【ステップ1で確認した債務額200万円 ステップ2で確認した返済可能額毎月1万円】
B自己破産は将来の収入で返済することが困難な場合、裁判所に申立て、免責許可決定を得ることによって借金から解放されます。

CASE4 過払金返還請求

【ステップ1で確認したら既に50万円の返しすぎ】
C過払金返還請求をおこなって、返しすぎたお金を取り戻し生活再建にあてましょう。
*返還に応じない場合、裁判所に申立て取り戻します。

※「奈良若草の会」は、弁護士・司法書士・一般等の有志によって立ち上げられた「クレジット・サラ金・悪徳商法被害をなくす会」です。